×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パピヨンの飼い方

パピヨンの飼い方としては、子犬のうちはかなりの排泄回数になるので、小屋の中にトイレを作ってあげましょう。半年くらいまでは小屋の中のトイレでしつけてあげるといいです。このパピヨンがトイレに行きたがっているサインをうまく見つけるのは難しいのですが、なんとかそこはがんばりましょう。まずは、パピヨンを飼うことで重要なのは何よりも排泄の習慣なのです。

ちなみに、室内でパピヨンを放し飼いにするとしても活発に動き回ってくれるのであえて、外に散歩に連れて行く必要は無いです。パピヨンにしても家族の一員なので最後まで愛情を忘れずに♪

おすすめのパピヨンのブリーダー

パピヨンをこれから飼おうと思っている方はブリーダーを探していらっしゃると思います。関東でパピヨンのブリーダーで有名なところは「マダムパピヨン犬舎」というところがおすすめです。

先代のパピヨンのブリーダーの方はもうすでにお亡くなりになられたのですが、その意思を引き継いでとても豊かなパピヨンのブリーダーになっています。ちなみに、千葉の東金にあるので都内に住んでいる方も行きやすいパピヨンのブリーダーなのです。

関西に住んでいる方は三重にある「クイーンブレス」というパピヨンのブリーダーに行けばいいでしょう。このパピヨンのブリーダーもとても有名で世界的にもトップブリーダーといわれているほどなのです。行けばわかりますが、敷地がとにかく広くてたくさんのパピヨンが意気揚々と暮らしているブリーダーとわかります。イギリスチャンピオンをこのパピヨンのブリーダーは達成したように世界的な実績でいっても国内でナンバーワンと言ってもいいかもしれません。

パピヨンの特徴

パピヨンはとても快活な性格をしていて病気もしにくいうえ、変な体臭もあるわけではないので、非常に飼いやすい子犬だといえるでしょう。

さらにはパピヨンは抜け毛も少ないので、不快になることもほとんど無いと思います。また、パピヨンのブリーダーで買ったとしてもどんな環境にも比較的すんなりとけこんでくれるので、子犬を買おうと思っている方にとってはパピヨンはとてもおすすめの子犬です。もちろん、俊敏な動きをしているのに、パピヨンは時には愛らしい甘えも見せてくれるのです。反面、パピヨンは人間にこびすぎることは決してないプライドの高さも持っている上品な犬なのです。

初めてパピヨンを飼うのであれば、一番慣れてくれやすいといわれている生後2ヶ月くらいのパピヨンが一番いいと思います。パピヨンのブリーダーで生後二ヶ月くらいの子犬を注文するようにしましょう。パピヨンを家の中で飼うにはトイレとペットシーツとエサ入れ小屋などがあればいいです。